« ガングリオン8号機の逆襲 | トップページ | 柘植の櫛 »

2004.03.08

8号機殲滅作戦決行

皆々様に促され、とうとう長年まいくろ軍(?)を苦しめた<ガングリオン8号機>殲滅作戦を決行するに至りました。
戦地:都内某H病院外来外科。
コマンド:敵(8号機)の可及的速やかな根絶。殲滅。

ここで、予定に狂いが!
いつもの先生じゃない( ̄□ ̄;)!!
頼みの綱は隣の患者様の援軍に出向いていた・・・。
これじゃ、シャイなあんちくしょうなまいくろさん「ゼリー写真とっていいですか(もじもじ)」って聞けないじゃないですか!作戦で重要なのは情報伝達・意思の疎通なのよーっ(叫)

今回の先生・・・
あ。この先生、6号機をやっつけた風でいて、翌日には7号機が生まれちゃったときの先生だ(汗)
今回はちゃんと、本当に遠慮なく絞りきってくださいよー。
この先生、麻酔するんです。しかも手がチワワよろしく震えています。
※頼みの綱先生は麻酔しません。
麻酔イラナイヨ・・・。
しかもしてくれるのはいいけど、麻酔自体が痛いです。しかも麻酔効いていないうちにゼリー抽出用の注射針8号機に刺してます。
お金のムダだー!と思いつつも、
「先生、ワタシ麻酔要らないです。」というのは、いかにも僭越ですし、痛いの好きな子みたいで言い出せません。
(なにより、電光石火の麻酔っぷりでしたので実際は口を挟む暇は全く無かったのですが)

うわわ。
すごいよ。今回は!8号機は!!
いつもより、3倍は濃厚なゼリーが出てきました。どちらかってーとゲルに近いです。
血も混じらず、綺麗なグレープフルーツゼリー色。
しかも相当な量です。
え?画像はどうしたって??
・・・・・・・・・・・
結局恥ずかしくて「写真撮らせて下さい」と頼めませんでした(涙)
_| ̄|○
※楽しみにしてくださってた方、ごめんなさい。でもグロ画像入れたら嫌われちゃうかもだし(笑)
そんな私の気持ちを知ってか知らずか、先生は実に嬉しそうにホレホレと今回の戦果をまいくろさんに見せてくださいます。

この後、敵の中枢部が麻痺していること(=麻酔が効いていることを)いいことに、先生は8号機を素手で絞り出そうとなさっています。うわわ。こわっ(笑)
更に衝撃の事実!
ガングリオン8号機は子持ちだった(爆)
おかあさんだったのね。。。
・・・どうやら袋は1つだけでなく、房状にいくつか出来てしまっていたようで・・・。
一番デカイ8号機(本隊)は注射針で壊滅。子供達も全部もNEW先生の素手により、破壊されていきました。
そうとう長い時間ぐいぐい搾り出され、流石の8号機もとうとう最期のときがやってきました。。。。。


こうして、なんと9月からまいくろさんの右足に駐留・支配し続けてきたガングリオン8号機の殲滅作戦は、まいくろ軍の勝利で幕を閉じました。
足が心なしか軽いよ。ありがとう先生!嬉しいよ。
しかし・・・・
いつまた新たなガングリオン軍が来襲するか解らないのです。。。
次の戦いに備えつつ、つかの間の(?)平穏を楽しむのでした。。。


2004 03 08 03:50 午後 | 固定リンク

■トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17997/276678

(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

この記事へのトラックバック一覧です: 8号機殲滅作戦決行:

■コメント

まいくろ軍の勝利、おめでとうございます。
厳しい戦いだったようですね。
次の戦いが遠い未来、あるいはもう無いことを
お祈りしています!

投稿者: (2004/03/08 19:20:11)

うっうっ。ぬ様応援ありがとうございます(涙)
結構高確率で翌日には新型改良機が既に居たりするので侮れません(汗)
こんなに大量に攻め込まれてるのは、今のところ周囲では私だけだったりします・・・(ρ_;)

投稿者: まいくろ (2004/03/08 19:57:11)

うぅぅ、やはり分裂増殖してましたか(;´д`)
大きくなる場合にはいくつかに分かれて成長している可能性があると医学情報で読んだもので、もしやとは思っていましたが…。駆逐した凱旋パレードの写真がないのは残念ですが、まだ伏兵が潜んでいそうで怖いですね…。
でも「手がチワワよろしく震えています」って、その先生、大丈夫なんですか? ちょっとそっちの方がオペ自体よりも精神的に怖い気がするのですが…(笑)
ともあれ、無事任務完了でお疲れ様でした(^_^;

投稿者: バカぽん (2004/03/09 2:57:37)

凱旋パレード写真は次回もし襲撃を受けた場合は絶対撮りますっ
(`ヘ´)
なんだか、「ピンセットで摘む」とか、ぷるぷるしてました。
いや、わなわなが適切な感じです(汗)
そもそもゼリードームに注射針を刺してチュウチュウされちゃう様に集中してしまっているので、うーん、先生の手元の怖さには・・・・今後も気づかないようにしたく(笑)

投稿者: まいくろ (2004/03/09 9:24:34)

■コメントを書く