« 事態の悪化 | トップページ | ・・・で、滑り納めに行きます。 »

2004.04.16

無事解放

イラクで拘束されていた邦人三人が解放されたようですね…。
(テレビも見ずに寝てしまったらニュースを掴み損ねてしまいましたf^_^;)

取り敢えず無事で良かったですね…。
まず帰国され、体力を回復させたら、また詳しい話が聞けるでしょうか…。


■以上通勤の道すがらモブログ投稿でした(笑)■

追記:
よかったよかった・・・・ですが、しかし、まだ安否が解らない邦人2名も居ますから手放しでは喜べないですよね。
どこかの記事で読みましたが、「儲かるから」とか「存在を示せるから」とかいった理由で、他にもイラク入りを窺っているという日本人が沢山いるというんです。
・・・なんか悲しくなっちゃった(>_<)
今回のこの事件を知っておきながら、どういう神経なんだろう。
イラクで日本人に好意的な人、行くなと止めてくれたり警告してくれたり、実際巻き添えを喰って身の上や生活に危険が迫ってしまった人(タクシーの運転手さんとか)だっているわけで。
そういう人達のこととかも、まったく見えないのかなぁ・・・と思うと、悲しかったり、苛立ったり、恥ずかしかったりします。
これ以上、無謀な行動する人が一切出ないように!と切に願います。

2004 04 16 07:16 午前 | 固定リンク

■トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17997/447803

(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

この記事へのトラックバック一覧です: 無事解放:

■コメント

よかったですね!
っで、
日本のご家族の方がやつれて見えたような・・・。

投稿者: (2004/04/16 9:18:58)

こんにちは。ぬ様コメントありがとうございます!

まずは良かったですね。
ご家族はほっとして脱力でしょうね^^;
これから、色々謝ったりお礼したりで暫くは大変でしょうが…。

政府としては、まだ不明の邦人2名がいますからね。
まだ緊張を解くわけにはいきませんね。
ネットのどこかのニュースで「儲かるので邦人が続々イラク入りしている」みたいな記事があって、読んで頭にきました!
一体何を考えているんだ!!…と。

投稿者: まいくろ (2004/04/16 10:40:08)

例の3人は、
「日本には帰りません またイラクに行きます」
なんてことをインタビューで宣ったそうな。。。

あほは死ぬまで治らんのでしょうか・・・
とりあえずかかった費用は本人と家族に請求するとして、
「今後同様な事案が発生しても、
 政府は救出作戦を行いません。
 見殺しにします」と発表しておいた方が・・・・


過激な発言でスミマセンm(__)m

投稿者: みやざき (2004/04/16 13:51:02)

みやざき様、コンニチハ。
コメントありがとうございます。

うーん。どうにも受け入れ難いですよね<イラクに残る。
どれだけ、いろんな人が尽力したかとか、安否を気遣ったかとか、迷惑を被ったかとか…全く見えないわけ?と^^;。
個人的には、やっぱりちょっとどうですか?!って感じです。
理解できない。
小泉総理も彼らのコメントに「不快感」をあらわにしたそうで。

なんだか解放されたことで、「人質となったことで、更に自分らの意思の強さが確認できた。3人で気持ちを確かめ合って結束が高まった」って勘違いした気持ちとかが出てきちゃったんじゃないの?…と思ってしまったり。
少し、落ち着いて考えて欲しいなぁ…と^^;思います。

投稿者: まいくろ (2004/04/16 14:38:15)

まあ、小泉総理の不快感もわからなくもないし、ボランティア&NPO・NGOで参加した方々の意欲もわからないでもない。

でも、本当に必要なのはイラク派兵に伴う「覚悟」を国民一人一人が持つことではないかなあと思う今日この頃。

平たく言えば、どれだけ善意でイラクに行っていても、アメリカ追随の政策でイラクに派兵し、アメリカよりの姿勢でライフライン整備を自衛隊が行っていると、うがった見方で言えばイラクの方々の目に映っていると思われる現状では、「侵略者が「善意」という仮面をかぶって大手を振って町のど真ん中を歩いている」という風に、イラクの方々の目に映ってもおかしくない状況を認識するということですかね。

自分らがその立場に立ったとき如何すればいいのでしょうかねえ?

投稿者: パパH”G (2004/04/16 21:59:29)

パパH"G様、いらっしゃいませ。
コメントありがとうございました!
(お返事遅くなってゴメンナサイ)

・・・外出している間に、3人が帰国し、後の2人も解放→帰国の運びとなっていました。
結局色々あるようで、会見もなし。
3人にはPTSDも心配されているということで、ちょっと静観しないと駄目なんでしょうが・・・。

米国に協力していたスペインを初め他の国も軍の撤退を検討し始めているようですし、今後沢山の動きを見せそうです。
パパ様の仰るとおり、私たちが「善意でイラクの復興のために」とどれだけ言っても、イラク側の見る人から見たら、やっぱり「米軍に追従して・・・」と見られても仕方ない・・・ということは理解しておかないと拙いんでしょうね^^;。。。

投稿者: まいくろ (2004/04/19 19:43:09)

■コメントを書く